【Vol.9】5月31日 祖父江慎与寺田克也北京会面 Day2


【寺田克也中国巡回活动网络日志连载中】



终于到了寺田克也中国巡回活动的最后一站。寺田桑将于坐落在北京王府井言几又书店,和《寺田克也原寸》的图书设计祖父江先生还有日本文化杂创始人兼主编苏静一起举办新书交谈会。本篇将是网络日志连载中最长的一篇,请边看边记牢我们的活动时间。


We have finally come to the last stop ofour long China tour. Terada-san is going to have a talk event with Mr. ShinSobue, the designer of “KATSUYA TERADA REAL SIZE”, and Mr. Johnny Su, thefounder and the editor in chief of the Zhi Japan magazine specializing inJapanese culture, at Yan Ji You bookstore in WF Central, Beijing. Please bearwith me as it is going to the longest diary in the series.


今日はいよいよ今回の中国ツア~で最後のイベント、北京・王府井にある書店、言几又でのトークイベントの日です。寺田さんと、『寺田克也原寸』のブックデザインをされた祖父江慎さん、日本文化を紹介する月刊誌『知日』の編集長・蘇静さんの3人でトークします。トークが中心の記事のため、いままでで一番、長文になります。



02.jpg



这里就是王府井,北京的市中心。图片中间就是北京最大的上场之一“王府中环”。


This is Wangfujing, down town area inBeijing. At the center you can see the biggest shopping mall called “WFCentral”.


こちらが北京の繁華街、王府井(ワン・フー・チン)。中央に巨大なショッピングモール、「王府中環」があります。



03.jpg



言几又书店就在这个商场中间。我们先到达书店布置一下寺田桑在广州方所书店现场作画环节完成的作品。


Yan Ji You bookstore is located in thisshopping mall. First we came here to display Terada-san’s artwork which heproduced at Fangsuo bookstore in Guangzhou.


この施設の一角に、言几又(イェン・ジー・ヨー)があります。まずは広州・方所書店で描き上げた絵を設置しにきました。



04.jpg



我们和言几又书店的员工,善本图书的两位随行工作人员一起安排了画作的展示。


Yan Ji You bookstore staff, SendPoints andus, together we displayed the artworks.


書店員さんやセンドポインツさんと一緒に、絵を設置中。



05.jpg



我们刚摆好两幅画,店内的顾客就开始拍照。


As soon as we finished displaying, thecustomers started taking pictures.


設置を完了するとすぐに、お客さんが撮影を始めました。



06.jpg



仔细看的话,你能看到这两幅画细腻的笔触。你会讶异于寺田桑用简单一支马克笔,就创造出了如此变化多端的线条。眼见为实,因此我们也想让北京的粉丝、读者一睹寺田桑作品的风采。


If you take a closer look, you can see thewhole illustration in detail。 You will be amazed to see Terada-san’s variouslines, bold but sensitive, which he creates with just one black marker。 Becauseyou can only see this with your own eyes, I wanted to bring this to Beijing tolet the people in Beijing experience this。


近づいて撮影すると、寺田さんの筆致がこんなによく見えます。肉眼で見ると、大きな作品の全体を詳細に見ることができるので、ぜひとも北京のファンにも見てほしかったのです。



08.jpg



今天的活动海报已经展示在电子屏上了。


Today’s event is being advertised on thedigital signage.


店内ではデジタルサイネージによるイベント告知が。



07.jpg



在入口位置,祖父江桑的著作《Sobue Shin+ Cozfish》和《寺田克也原寸》被码堆展示。


At the entrance area, together with“KATSUYA TERADA REAL SIZE”, “Sobue Shin + Cozfish” was stacked up.


イベント会場入り口では、『寺田克也原寸』と共に、『祖父江慎+コズフィッシュ』も積まれていました。



08b.jpg



就是这儿了。我们到了活动场地。


Here we are。 This is today’s venue。


こちらは会場。



08a.jpg




和其他几场活动一样,今天的活动也会现场直播。


Same with the other events, today’s eventwill be live-streamed。


今日のイベントも、ライブ・ストリーミングで配信されます。



09.jpg



图片是读者们已经在活动开始入座前排起了长队。广州场和上海场粉丝很热情,北京也不例外。


People who have made pre-orders lining upto buy the book before the event. I have already experienced how popularTerada-san is in Guangzhou and Shanghai but there was no difference in Beijing.


事前にイベント参加を予約していた大勢のファンのみなさんが、本を買うのに並ぶ様子。広州、上海を経験してきて予想はしていましたが、やはり北京でも寺田さんは人気です。



10.jpg



几个小孩儿在场地毗邻的咖啡厅画着什么。我们问他们在画什么,原来他们是在依着《寺田克也原寸》描书中的插画。我已经能感受到了大家的激动。


Some kids were drawing something at theadjoining café。 I asked them what they were drawing。 They were copyingillustrations from the book “KATSUYA TERADA REAL SIZE”。 I can feel theirexcitement already。


書店に併設のカフェで、少年たちが何か描いているようなので見せてもらいました。『寺田克也原寸』を開き、模写をしておりました。期待が高まっているようです。



11.jpg



翻译们正在另一个咖啡厅为今晚的活动做着准备。我们正在给一些名字查找正确的翻译,像“钢铁侠”“金刚狼”等。我在想这些词的中文发音应该是什么。这种准备对几个翻译来说应该挺新鲜的。


Translators preparing for the event at adifferent cafe。 They were checking some proper nouns such as “Ironman” and“Wolverine”。 I wonder how they would pronounce these in Chinese。 I assume thiskind of preparation must be unique to the translators。


イベント開演までの時間、別のカフェでは通訳の方々による固有名詞の確認をしていました。寺田さんの描いてきたマーベルの「アイアンマン」や「ウルヴァリン」など、中国ではどのように発音するのか。通訳ならではの下準備ですね。



12.jpg



寺田桑、祖父江桑和苏静先生到达后也加入了活动前的准备。


Terada-san, Sobue-san and Su-san arrivesand joins the meeting.


寺田さん、祖父江さん、蘇静さんも到着。トーク前の打ち合わせです。



13.jpg



苏静正在就寺田桑的插画和他画画的工具发问。寺田桑又开始默默画画。


Su-san questions Terada-san aboutillustrating and the tools he uses。 Again Terada-san starts to draw。


蘇静さんが絵を描くことや使用するツールについて質問します。寺田さん、早速描きはじめました。



14.jpg


15.jpg



隔壁的祖父江桑看见后“wow你画得好快呀”。


Sobue-san sitting next to Terada-san says“Wow, you draw so fast”.


祖父江さんも横で見ながら、「描くの早いね~」と言っています。



16.jpg



苏静正在仔细阅读《寺田克也原寸》的后记。今晚的翻译斋藤桑仔细为他解释着。本书的后记提到了一些寺田桑对画画态度的描述。我推荐每个人都应该读一下。


Su-san was reading the afterword of“KATSUYA TERADA REAL SIZE” carefully. Saito-san the translator was explainingit in detail. The afterword has many valuable things mentioned where you cancatch a glimpse of Terada-san’s attitude towards drawing. I recommend everyoneto read it.


蘇静さんは『寺田克也原寸』の「あとがき」も確認していました。隣にいる日中通訳の斉藤さんが丁寧に説明しています。そう、ここには寺田さんの絵を描くことへの姿勢を垣間見ることができる、大切なことが書かれています。みなさんもぜひ読んでみてください。



17.jpg



同时,祖父江桑和PIE的几位职员都讶异于《知日》的出版物,问了“我们在日本都找不到这种材质的纸”,“这种纸是怎么制成的呢?”等等问题。


On the other hand, Sobue-san and PIE teamwas surprised by Zhi Japan’s publications and saying something like “we don’thave this kind of paper in Japan”, “where do you make these?”… and so on。


一方、祖父江さんやPIEチームは知日さんの出版物の紙に驚いてました。こんな紙、日本に無いよね、どこで作ってるんですか…なんて。



18.jpg



我们返回活动场地时,已经挤满了参加活动的读者。


When we went back to the venue it wasalready full of people.


さて会場に戻ると、満員でした。



19.jpg



寺田桑和祖父江桑前往嘉宾席入座。


Terada-san and Sobue-san appears on stage.


寺田さん、祖父江さんも会場入り。



20.jpg



所有椅子都坐满了,不少人站在后面。苏静向寺田桑抛出几个问题,有关中国的印象、大猿王和日本特设电影等,简单开场。


All the seats were full and there were manypeople standing to see the event。 Su-san starts by asking Terada-san somequestions about his impression on China, about “Dragon Girl and Monkey King”and about Tokusatsu (Japanese special effects movies)。


立ち見が出るほどの、超・満員。蘇静さんから寺田さんに質問が始まりました。中国の印象や、大猿王のこと、特撮映画のこと。



20a.jpg



关于法国漫画家莫比斯,寺田桑翻阅着PPT上致敬莫比斯的一幅画讲述道:“我是15岁的时候意识到我应该用画笔去描绘这个世界的。”


About Moebius, Terada-san narrates whilehis illustration dedicated to Moebius was projected onto the screen, “It waswhen I was 15 years old that I realized that this is what I need to visualizethe world”.


メビウスさんについて。「15歳のとき、世界を描くための線がここにあると気づいた」

メビウスさんへの追悼のイラストがプロジェクターに映し出されていました。



“现在,我已经到了将自己平生所获传承给下一代的年纪了。”


“Now, I have moved on to the stage whereI’m passing on what I have given from Moebius to the next generation”。


「今はメビウスからもらったものを、次へと渡していくところに移っていると思う」



“你对于想进入绘画这个行业的年轻人有什么建议吗?”


“Do you have an advice to the younggenerations who seeks to enter the creative industry?”



“35年绘画生涯,我仍觉得自己还是个新人。我对自己永不满足,这是最重要的事。做事不要偷工减料,要克服自己的惰性。”


“After 35 years in my career I still thinkmyself as a newcomer. I was never satisfied by myself. And this is the mostimportant thing. Never cut corners. And overcome your laziness”.


創作業界へ入る人、これから入る人へのアドバイスを。「あつかましいようだけど、35年仕事をしていても、自分は新人だと思っている。満足していない。一個一個、手を抜かないこと、が最大のアドバイス。あとは怠惰との闘い」



21.jpg



“你未来的计划是什么?”


“What is your future plan?”


“未来暂时没什么计划。唯有一点可以确信,我会一直画画,画到我死去的那天。”


“I don’t have any. But one thing I can sayis that I just keep on doing this till the day I die.”


今後の計画は?「無いです。あえて言えば、死ぬまで続けていくことです」



嘉宾和观众的距离很近,每个人都认真投入地听着寺田桑的一番话。现场气氛热烈。


The distance between the audience and theguests are very close, everyone is listening attentively。 The venue is filledwith excitement。


観客との距離も近く、みなさん真剣に聞き入っています。すごい熱気です。



22.jpg



Next, Su-san questions Sobue-san. But firstSobue-san greets the audience in Chinese which breaks the ice and made everyonelaugh.


接下来,苏静对祖父江桑发起提问。祖父江桑用中文和现场观众打招呼,把大家都逗乐了。


次に、蘇静さんからの質問は、祖父江さんへと向けられました。祖父江さんが中国語であいさつをするので、笑いが起こります。



23.jpg



“祖父江先生,您觉得北京怎么样?”


“Sobue-san, do you like Beijing?”


“我很喜欢中国!因为中国是汉字的发源地。”


“I like China very much! Because it’s the origin ofKanji”


祖父江先生、北京はお好きですか?「大好きです!中国が好きなのは、文字(漢字)が生まれた国だから」



“中国的平面设计和日本的平面设计,区别在哪儿?”


“What is the difference between graphicdesign in China and Japan?”


中国語と日本語のグラフィックデザインの違いは何があるでしょう?



“在中国,几乎是一夜之间的事情,人们由纵向书写习惯改为横向书写。在日本,大多数时间人们都是纵向书写的。这两种方式都很有趣,各有所长。我个人认为纵向书写有一种规律。横向书写缺少这种规律,因此较为易于查找。未来这种情况也可能发生变化。我曾经在和吉本芭娜娜共事的时候聊过,我说:‘写小说不应该横向书写。’但是她说:‘我不觉得奇怪,因为我写自己的作品一直是横着写的。’”


“In China, at some point all at onceeverything changed from vertical writing to horizontal writing. In Japan, mostof the times novels are written vertically and information is writtenhorizontally. They are both interesting and have their own advantages. Ipersonally think that vertical writing has a rhythm. Horizontal writing doesn’tso it’s more suitable for searching. But things might change. I have once had aconversation with Banana Yoshimoto when we worked together. I said “This is anovel, it shouldn’t be horizontal writing.” But she said “I don’t think it’sweird at all as I always write my novel horizontally”.


「中国はあるとき、一瞬にしてすべてが縦書きから横書きに変わった。日本では文学は縦書き、情報は横書きが多い。どちらも面白く、いいところがある。多分、縦書きは呼吸が合うんだと思う。横は呼吸と関係ないので、検索しやすい。でも、変わっていくかもしれない。吉本ばななさんと仕事をしたとき、『小説なのに横書きはおかしい』と言ったら、『でも私、横に書いてるのでおかしいと感じない』という会話をした」



“要是中国有人邀请您做简体中文的字体设计,您接吗?”


“Will you accept our offer doing asimplified Chinese font design?”


中国簡体字のデザインを依頼したら引き受けてくれますか?


“老板,随叫随到!”


“Anytime boss!”


「カモ~ン!」



24.jpg



话锋一转,主题重回《寺田克也原寸》。


The topic moves to “KATSUYA TEARDA REALSIZE”.


話題は『寺田克也原寸』へと移ります。



祖父江桑也是《寺田克也原寸》的图书设计。“最初,我想把这本书做成和报纸一样大,但是PIE拒绝了我的提议,因为没有书店会摆出这么大尺寸的书,他们会退货的。因此我决定把书中插画的尺寸缩小到16%,因为寺田桑的原作都非常巨大,缩小后就会变得很精细。因为最后的成品中,既有原寸画作,也有16%比例画作。”


Sobue-san, the designer of the booknarrates “At first, I wanted the book to be as large as a newspaper but PIEdeclined my idea because no bookstore will stock that kind of book and theywill return it. So I decided to shrink the illustrations by 16% but because theoriginal artworks are huge, when you shrink it, each becomes a very delicatepiece. At the end I design the book showing both the real size and the 16%size.


「最初は大きいサイズ、新聞と同じくらいで考えていたのだけど、出版社(PIE)からそれでは書店から返品されるからダメと言われちゃった。それで16%に縮小しようとしたけど、元が大きいからデリケートな絵に見えちゃう。それで原寸ページと16%のページで構成することになった」




25.jpg



现场的观众哈哈大笑。祖父江桑性格非常可爱,每个中国的读者都很喜欢他,有的还在微博下评论:“祖父江桑好可爱!”


Everyone was laughing. Sobue-san has such alovely personality and people in China loves his so much that there were manypeople commenting on Weibo “He is so Cute! (Kawaii!)” (Chinese version ofFacebook).


みんな笑っています。祖父江さんのキャラクターは、中国の方にも愛されていて、Weibo上でも中国語で「カワイイ!」というコメントがありました。



26.jpg



今晚也聊到了祖父江桑的书《祖父江慎+Cozfish》,苏静就这本书也进行了提问。


They talked about “Sobue Shin +” as well.It seems like Su-san has this book too.


話題は『祖父江慎+コズフィッシュ』にも及びます。蘇静さんもこの本をお持ちのようです。



寺田桑:“这真是本很棒的书啊。”


Terada-san: “Ahh, this is such a beautifulbook”。


寺田さん「ああ、この本は素晴らしい本です」



s28585329.jpg


祖父江桑说:“这本书本来应该是为我的展览准备的,但我没有及时完成,我花了10年才做完这本书。对我下一场展览时间刚刚好。”


Sobue-san: “It was supposed to be publishedfor my exhibition, but couldn’t and at the end it took 10 years to finish thisbook. It was in time for my next exhibition.”


祖父江さん「僕の展覧会のタイミングで出版するはずだったのが出せなくって、結局その次の展覧会で出すことに。10年かかっちゃった…」



苏静问:“祖父江先生,感觉您是个很快乐的人。你有什么烦恼吗?”


Su-san: “Sobue-san, you are such anentertaining person. What do you worry about?”


蘇静さん「祖父江さんは楽しい方ですが、どんなことが悩みですか?」



祖父江桑回答:“我的烦恼就是没有烦恼。当事情出乱子的时候很有趣,出版社越是否定我的方案,我就越兴奋。”


Sobue-san: “I worry about I don’t worryabout anything. It’s so fun when something goes wrong. I get excited when Ikeep presenting my plan to the publishers but they keep declining my proposal.”


祖父江さん「悩みの無いことが悩み…うまくいかないとうれしくなっちゃう。企画を出版社に出しても出しても通らないと、うれしくなっちゃう」



祖父江桑是一个很喜欢挫折的人。在出版《祖父江慎+Cozfish》的时候,我本人也深有体会。在出版日前不久,我们在版权页发现了出版日期的错误,我们不得不在这处错误上粘一个小小的修正带。通常出了这种错,我们都会尽力小心谨慎,希望读者不要发现,但是祖父江桑似乎乐意让读者发现这个错误很,他制作了一些亮粉色的修正贴,贴在了每本书的错误上。


Sobue-san is a type of person who enjoysadversity。 I actually experienced this myself when making this book “Sobue Shin+ Cozfish”。 Just before the publication date, a pub date mistake was found atthe colophon and we had to put a correction sticker over it。 Usually we takeextreme care to make it as discreet as possible but Sobue-san had produced abright pink correction sticker as if he was happy finding the mistake。


祖父江さんは実際に逆境を楽しむ方です。この『祖父江慎+コズフィッシュ』を出版する際、筆者は実際に目の当たりにしました。発売の直前に、本の奥付にある発行日表記が間違っており、シールで貼る修正をしなければならなくなったのですが、普通は目立たないようにするところを、やったー!とばかりに蛍光ピンクの楽しい修正シールを作ってしまいました。



最后,这批书就成了罕见的限定版。


At the end this edition has become a rarecollectible item。


逆境を楽しむことでこの版はかえって希少価値を持つことになったのです。



26a.jpg



下面到了读者互动提问环节。


Next, it’s time for a Q&A session withthe audience.


次に、会場からの声を聞く時間になりました。



“我曾经多次想要放弃绘画, 是寺田老师您让我继续画了下去,如今我已经成了一名专业插画师。”以为读者向寺田桑表达了自己的感激之情。寺田桑回应:“我也遇到过大小不一的困难,经历过创作瓶颈期,但我和祖父江桑一样,我们都有一种微笑应对一切困难的力量。”在场的每一位读者都对他们响起了掌声。


“It was tough for me to keep on drawing butbecause of you Terada-san, I was able to carry on and now I have become aprofessional illustrator”. A man thanks Terada-san and Terada-san replies “Ihave encountered big problems, small problems, experienced tough times but samewith Sobue-san, it’s my strength to overcome any trouble with a smile”.Everyone gives him a round of applause to both.


「絵を描き続けることは大変なことだったけど、寺田さんに勇気をもらって続けることができ、プロとして仕事を続けています」と男性からの言葉に拍手が。寺田さんからは「僕も大きいことも小さいことも、苦しいこともあったけれど、祖父江さんからもあったように、トラブルがあっても笑顔で向かえることが強みです」と返し、こちらも大きな拍手が起きました。



28.jpg



一个小孩子提问:“您对绘画初学者有什么好的建议吗?”


A question from a child。 “Do you have anadvice for a beginner?”


子供からも質問が。



“一直画下去就好了。绘画就是观察,把你看到的、见证的尝试着画下来。” 听到这样的回答,现场的安保工作人员也笑了。


“Just keep on drawing. And to draw is tosee. Observe what you are going to witness and then you should try to draw.Even a guard at the venue with a grim face smiles to a cute question.


絵の初心者に向けて、アドバイスをください!「ひたすら描くこと。また、絵を描くというのは、ものを見ること。君がこれから出会うものをよく見て、それから描くといいよ」。かわいらしい質問に、厳しい顔をしていた会場の警備の方まで微笑んでいます。



寺田桑被问及了他的学生时代。“我小时候不是一个模范生。老师让我们在石板上画画,我以为这个看似繁琐的作业我一个小时就能做完,结果当我回过神来,半天过去了。第二天我继续画,当我完成的时候,我被自己对绘画的热情震撼了。至今我仍然有这种感觉,每当我觉得自己画不好的时候,我就会回想这份热情,让自己继续下去。”


Terada-san was asked about his school days。“I was not a roll model type。 When I was given a task to [draw a motif on arock], I thought I’d finish this kind of cumbersome task in an hour or so butwhen I knew it, half a day have past。 The next day I kept on doing drawing andwhen I finally finished I was astonished by my passion。 This feeling stillcomes back to my mind。 Whenever I’m not doing well at work I recall thisfeeling to keep myself going。


さらに、学生時代の思い出を聞かれた寺田さん。「学校ではあまりまじめではなく、『石をモチーフに描く』課題なんて面倒なので、一時間くらいでちゃちゃっとやってしまおうと考えていたが、やりはじめて気づいたら夕方になっていた。翌日も描き続けて、やがて描き切ったときの自分の感情に驚いた。その記憶はたびたびよみがえる。仕事でうまくいかないときにもそのときの感情を思い出すと、がんばれる」



29.jpg



面向祖父江桑的问题:“您一直以来的作品都创意满满,这些创造的来源是什么?”


A question to Sobue-san.


祖父江さんへも質問が。


“You have always done so many works full ofamazing ideas what keeps you so creative?”


いつもアイデアにあふれる仕事をされていますが、クリエイティブであり続けるための秘訣は?



30.jpg



“和寺田桑说的一样,认真观察身边的事物。每当事情往错误的方向发展,享受这个过程。最后你会发现这其实是你和你自己的一场战役。我一直以来都很享受各种槽糕的状况,然后把这些状况变成有趣的事情。”


“Same with what Terada-san said. Observethings carefully. Whenever things start to go in a wrong direction, enjoy that.At the end it’s a battle between you and yourself. I always like to accept badsituation and turn it into something fun.


「寺田さんと同じように、ものをよく見ること。自分のやる仕事に対して、このやろう、と勝ちにいくこと。仕事がよくない方向に行きそうなときは、よくないものをみんなで楽しむこと。最終的には自分とのたたかいだね。よくない状況は、一回受け取ってから、おもしろく返したい」と祖父江さん。



31.jpg



观众们掌声不断,但活动即将结束。我们快要结束今天活动的时候,一位举了很长时间手的观众大喊:“我还有一个问题!”


The audience never stopped raising theirhand but a show must come to an end。 As we were about to end the event a manwho has been raising his hand for a long time shouted “Hey! I want to ask aquestion!”


質問は止まらず、終了時間に差し掛かったとき、ずっと手をあげていた男性が「おーい!質問でーす!」と声を上げました。



“我和寺田老师一样,也是插画师。随着年龄变化,保持年轻的秘诀是什么?”


“I’m an illustrator like you Terada-san。What is the secret to continuing this job when you are aging?”


僕も寺田さんと同じ仕事をしています。年をとっても続ける秘訣は?



“归根到底还是自己要注意身体健康,身和心的健康都很重要。说道心理健康,不要再网上发泄负面情绪。找到能让自己开心愉悦的东西。让身边的人开心也是我的创作动力之一。对于身体健康,吃得好、睡得好。”


“In the end it’s all about keeping yourselfhealthy, both body and mind. In terms of mind, don’t say bad things on theinternet. Find something which entertains you. Entertain someone around you.That keeps me motivated. You can get nothing out of saying bad things aboutsomeone. In terms of body, eat well and sleep well.”


「すごく最終的には、健康。心と体、両方。心で言うと、ネットで悪口を言わない、とか。自分が面白がることを探し、周りを面白がらせること、それを創作する力にしています。悪口なんて言っても仕方がない。体で言うと、よく食べて、よく寝ること」


北京的观众认真竖起耳朵听着回答。我想这是因为寺田桑和祖父江桑都感受到了北京观众的认真劲儿,才和大家分享了这么多宝贵的经验。


People on Beijing were all ears to their honestand straight forward answers. I think it was because both Terada-san andSobue-san sensed the seriousness of the people in Beijing that they told manyprecious stories.


お二人の、まっすぐで誠実なご回答に、北京のみなさんは真剣に聞き入っていました。北京のみなさんの真剣さが伝わったからこそ、このような貴重なお話をしていただけたのだと思います。



32.jpg




今天的分享会结束了,苏静先生时间把控得刚刚好。合影后到了签售环节。


The talk event has come to an end asscheduled lead perfectly by Su-san. After the photo time we moved on to asigning session.


蘇静さんの手慣れた完璧な司会進行で、時間通りトークイベントは終了。集合写真のあと、サイン会に移ります。



33.jpg



签售环节中,寺田桑签完就会喊着“Sooooo beeeeeee”(祖父江老师的姓是Sobue),把书递给祖父江桑。


During the signing session, after signingTerada-san passes the book to Sobue-san saying “Sooooo beeeeeee”


サイン会では寺田さんがサインしたあと、「ソ~ビ~」と言って祖父江さんに渡し、


34.jpg



35.jpg



祖父江桑就会回应道:‘好的,来吧!克~也~KATSUUUUUUUUU!’并签下自己的名字。


And Sobue-san receives the book saying “OK!Come on! KATSUUUUUUUUU!” and signs it。


「OK!カモ~ン!カッツィ~!」



我相信没有读者之前见到过嘉宾们这一幕。北京的读者真是太幸运了!


I’m sure no one has witnessed such a momentbefore. How luck people in Beijing are!


と祖父江さんもサインする、という贅沢なサイン会。



36.jpg



令我们惊喜的是,一位著名艺术家刘冬子也排在队伍中!


To our surprise, the last person who was inthe queue was Liu Dongzi (a famous artist in China).


サイン会に並んでいたの最後の一人が、著名なアーティストの刘冬子(リウ・ドン・ツー)さんでした!



最后,《寺田克也原寸》售罄。


Atthe end, both “KATSUYA TERADA REAL SIZE” were sold out。


結局、言几又に納品した本は『寺田克也原寸』も全て売り切れとなりました。



非常感谢你们,北京的粉丝!


Thank you so much fans in Beijing!


北京のファンみなさん、ありがとうございました。



37.jpg



到了和言几又书店工作人员的合影时间。非常感谢你们!


A picture time with Yan Ji You bookstorestaff. Thank you guys!


言几又スタッフのみなさんと。熱いイベントを切り盛りしていただきありがとうございました!



38.jpg



干杯!我们今天奖励了自己老北京涮羊肉。我真的很喜欢中国美食。


Ganbei! (Cheers! in Chinese) Today wereward ourselves with Chinese hot pot and lamb shabu-shabu. I really loveChinese cuisine.


お疲れ様でした!カンペ~イ!今日は火鍋料理、羊のしゃぶしゃぶです。中華料理はおいしいなあ。



39.jpg



我们和祖父江先生分别了。他明天在北京有别的安排。


We part with Sobue-san。 He has a differentappointment in Beijing tomorrow。


祖父江さんとはここでお別れ。祖父江さんは翌日も北京で用事があるのです。



40.jpg



东京再见。特别感谢你,祖父江先生!


See you again in Tokyo. Thank you so muchSobue-san!


また東京で会いましょう!祖父江さん、ありがとうございました!



本次的巡回活动看起来很长,但至此我们就要告一段落了。明天我们将飞回日本。下一篇日志,将是最后一篇网络日志了,这篇里面我将向大家讲述寺田桑此次巡回活动的感受。


This tour which seemed long but short hasnow come to an end. Tomorrow we will fly back home. Next diary, [Vol. 10], willbe the last in this web diary series which will have Terada-san’s personalcomment about this tour as well.


さて、長いようで短かった中国ツア~のイベントはこれですべて無事に終了。翌日は帰国するのみです。次回は連載最終回、寺田さんから、今回のツア~についてのコメントも掲載予定です。



微博上会有一些活动的剪影、照片。点击以下链接可查看原文。


Some footage of this tour will be uploadedon Weibo later on。 Please check below for more details。


今回のツアーイベントの様子はのちほど動画配信サイトでご覧いただくことができるようになります。イベント動画をご覧になるにはこちらの詳細情報をご覧ください。




摄影、撰写:PIE三芳宽要

本文链接:https://pie.co.jp/series/4843787


彩票app 秒速彩票投注 手机彩票app 彩票开奖结果 彩票购买走势 彩票购买走势 彩票购买 网上彩票购买 彩票购买 网上彩票购买