【Vol.7】5月29日 – 20年后,寺田克也重回上海 Day2


【寺田克也中国巡回活动网路日志连载中】


今天是寺田也中国巡回活动——上海站活动的第二天。


Today is the second day of the live drawing event at “Light Space” Xinhua bookstore in Shanghai。


今日は上海・光的空間でのライブ・ドローイング2日目です。



今天的活动信息被展示在了商场的巨大屏幕上。


Todays event is being advertised on a gigantic digital signage.


巨大デジタルサイネージでイベントの告知がされています。





当然,书店内也有。


もちろん店内でも告知されています。


Of course, inside the store as well.





寺田桑在广州站的两幅作品被移到了书店的入口处。观众们现在可以一睹寺田桑的原寸真实画作啦。


Terada-sans artwork, which he produced at Fangsuo bookstore in Guangzhou, has been moved to the entrance area of the bookstore. You can now enjoy Terada-sans actual handwriting in a cozy atmosphere。


州・方所店で描かれた作品は、お店の入り口付近に展示されていて、寺田さんの肉筆をゆっくり見られるようになっていました。





今天的活动上有一位特殊嘉宾——小龙花。他是一位中国艺术家,并将在今天的现场作画环节中与寺田桑一起交流。小龙花由《寺田克也原寸》的图书设计——祖父江慎先生推荐。祖父江慎先生也将作为特邀嘉宾加入我们北京站的活动。


Today we are with a special guest Mr。 Xiao Longhua。 He is a Chinese artist and will be having a talk with Terada-san。 He was recommended by Mr。 Shin Sobue, who is the designer of “KATSUYA TEARDA REAL SIZE” and will be joining us for the event in Beijing.


今日のライブ・ドローイングイベントには中国の現代アーティスト、小龙花(シャオ・ロンファ 日本では小龍花と表記されることもあります)さんが対談相手としてお越しになりました。『寺田也原寸』ブックデザイナーの祖父江慎さんからのご紹です。






小龙花先生给我们带了一份礼物。是一本随着触摸而变色的书,非常有趣。


Xiao-san brought us a present. When you touch, it changes the color. Hmmm, an interesting piece.


シャオさんがプレゼントに持ってきてくれた作品。触ると色がわります。おもしろ~い。





在活动开始之前,他们就他们最喜欢的日本漫画家开始聊天。聊到了松本零士、花轮和一、楳图一雄、福本伸行、荒木飞吕彦、古屋兔丸等画家。这些画家的笔触浑厚、扎实而细腻。他们对这些画家很了解啊!


Before the event, they were having a chat about Japanese manga. Xiao-sans favorite manga artists are Leiji Matsumoto, Kazuichi Hanawa, Kazuo Umezu, Nobuyuki Fukumoto, Hirohiko Araki, Usamaru Furuya。 They all have solid and dignifying but sensitive touch in their drawings。 Well, he sure knows a lot!


イベント本番前の時間に、日本の漫画の話題で盛り上がっています。シャオさんの好きな漫画家は、松本零士さん、花輪和さん、楳かずおさん、福本伸行さん、荒木飛呂彦さん、古屋丸さんなど。重厚で繊細な絵を描く漫画家さんばかり。すごく詳しい!





寺田桑给我看了一幅画:”我可以照着松本零士的画风画画。“天呐好厉害啊!


Terada-san showed us a drawing saying “I can draw like Leiji Matsumoto-san”。 My gosh! This is so cool!


「オレ、松本零士さん風の絵も描けるよ」と寺田さんがいた絵を見せてくれました。うわ~かっこいいです!





当寺田桑和小龙花聊得热火朝天时候,会场已经来满了人。


While we were having a nice time with Xiao-san, the venue was already filled with many people。


さて会には続々と人が集まっています。





今天的直播很好,画面比昨天清晰了不少。


Today the live streaming video looks perfect, much clearer than yesterday.


ライブ・ストリーミング配信の映像もばっちり。昨日よりキレイです。




”因为今天用的是华为手机,昨天用的是iPhone!“Miki桑就着当下热点开了个玩笑,把大家逗乐了。我想拍下她的丑照但是没有成功。


Thats because Im using Huawei smartphone today! It was iPhone yesterday!, Miki-san makes a smug face making everyone laugh with the hot topic。 So I turned my camera towards her but


「それは昨日はiPhoneでの影で、今日はファーウェイのスマホだからです!」とドヤ顔でMIKIさんが時事ネタを突っ込んできて周の笑いを誘うのでカメラを向けると、。





”别,别,别…我自己用的是索尼手机!“她太有趣了。


“No, no, no… actually I’m using Sony myself!” She is so funny。


「いやいや私はソニー製使ってますから!」と。面白いなあ。





寺田桑走上舞台,开始开场致辞:”很荣幸能在这么美丽的地方举办这样一场活动。“


So Terada-san appears on the stage. He starts the event by saying Its an honor to have an event at such a beautiful store.


寺田さんが登し、イベントスタートです。「このような美しい店でお話ができてうれしいです」と寺田さん。





和昨天一样,观众满座。观众们盯着屏幕,思考着寺田桑今天会画什么。


Same as yesterday, all the seats are full。 The audience stares at the screen thinking what Terada-san is going to draw today。


本日も席。今日はどんな絵を描いてくれるのかと、じっとスクリーンを見つめています。








小龙花在寺田桑边iPad作画时边采访他。

Xiao-san interviews Terada-san as he draws on his iPad。


小龙花:”我听说您喜欢自行车。“

Xiao-san: I heard you like bicycle.


寺田桑:”是的,我很喜欢自行车的外形,像这样。“

Terada-san: Yes, I like the form. Like this, you know?

きすすめながら、シャオさんが質問し、寺田さんが答えていきます。自転車がお好きなようですね?「外観が好きなんでね。こんな形とか」





然后他在画板中鸟喙的旁边画了自行车的框架结构。


And he draws a frame of a bicycle besides the peak of a bird.


といいつつ自転車のパーツをきこんでしまいます。鳥のくちばしあたりの金具です。





小龙花:觉得现在中国发展怎么样?

Xiao-san: How is it like to be in China now?


寺田桑说:我小时候是看着美国漫画杂志《重金属》长大的,最初这本杂志是法文版,叫《Métal Hurlant》是由法语漫画大师们像莫比乌斯、恩基·比拉等。当时的网络还不是很发现,消息很受限。在那个年代,我通过《重金属》看到了很多我在日本接触不到的东西。那种激动难以忘怀。到了中国之后我发现情况相反,我能够感受到年轻的中国漫迷对优质漫画的渴望。另外,我7、8年前开始做展览,作品有时候也会在国外的艺术画廊展出。我之前很少对外公开作品,以至于人们在画廊看到我时,很多人和我说:“原来您真的存在啊。”我对他们来说就像是一个神秘人物。


Terada-san: I grew up reading the US edition of a magazine called [Heavy Metal], which was originally published in France as [Métal Hurlant] by the masters of BD (Bande Dessinée) such as Moebius and Enki Bilal。 There was no internet back then so the information was so limited. In those hungry days, through [Heavy Metal], I got to see so many cool things I would not have seen if I was in Japan. I still cannot forget that excitement. Coming to China I realized that now Im in the opposite position. Now I feed these young and hungry fans in China. Also, I started doing an exhibition since 7-8 years and started going outside and showing up at galleries. But before I rarely went outside because I devoted myself to drawing (work), so when people actually saw me at exhibitions, many
said to me
Oh you actually exist。 You are alive. I was like a cryptid to them.


中国に訪問することについて。「15歳のころ、『ヘビーメタル』というメビウスやエンキ・ビラルといった、BD(バンド・デシネ)のマスターが創刊した雑誌の米国版があって。今みたいにネットもない、情がない時代の飢えた中で、日本にいたら本来見られないものを見られた。そういう感じが忘れられない。州・上海に来たことで、今度は自分が同じような立に立っていると感じている。いまでこそギャラリーで人前に出るが、出始めたころは『本当にいたんですね』なんて、想像上の生き物のように扱われていました」







观众们都很喜欢自己看到的美术作品绘画过程,也很享受和寺田桑的交谈。


People enjoying the process of an artwork being formed and enjoying a chat。


絵が生まれていくのを観察する人、お話を楽しむ人。





商场外的巨大数码屏幕也在同步播放我们的活动直播。


This live drawing event was broadcasted on the gigantic digital signage outside.


ライブ・ドローイングの様子は外の巨大デジタルサイネージでも放映されていました。





现在到了观众提问环节。


Now its time for the audience to ask questions。


シャオさんの質問が終わり、会からも質問を受けることになりました。





观众问的问题有“你最喜欢的漫画是什么”“你是怎么知道《西游记》的?”“你喜欢什么样的女生”等。就像寺田桑之前说的那样,上海观众提问题的时候,意识到寺田桑不光是一位了不起的漫画家,他们更想从个人角度了解更多关于寺田桑的东西。


They ask questions like What manga do you like the most, How did you know Journey to the West?, What do you do besides work?, What kind of woman do you like? and so on. As Terada-san mentioned earlier, it seems like people in Shanghai is trying to fill the gap realizing that he is not an imaginary creature and asking many questions to know more about Terada-san as a human being。


一番好きな漫画は? 西遊記は何で知ったの?日常はどんな生活? 好きな女性のタイプは? 上海のみなさんが、寺田さんの言うとおり、「本当にこの人は実在したんだ」というギャップを埋めようと、人間を知るための質問が多いように思います。





寺田桑回复道:“什么样的女性我都很喜欢。”“我每天都告诫自己明天会更好来激励自己,我不认为自己已经够好了”“我了解到《西游记》是因为我小时候,我爸爸在上海出差时,带回了一套连环画版《西游记》。那是40年前的事了。”


Terada-san replies, I like all kinds of woman, To keep myself motivated, I keep telling myself I wish will be better tomorrow. I really dont think Im good myself., I got to know Journey to the West from a present my dad bought me when I was a little boy. My father was working in China and he bought me a picture book of Journey to the West. That was more than 40 years ago。


好きな女性のタイプは、「女性はみんな好きです」。モチベーションを維持するには?「絵がうまくなりたいなあ、自分ではうまいと思ってない。明日はもっとうまく、と思いながら生きている」 西遊記は、寺田さんのお父様が40年以上前、中国にお事で駐在されていた頃に、おみやげに持ってきてくれた西遊記の絵本がずっとご自宅にあったことが印象に残っているそうです。






画快完成了,时间也快到。寺田桑说:“我可能回去还要花几个小时改进今天的作品。”


Its almost done but the time has come. We are out of time. I need couple of more hours to finish this says Terada-san。


絵は完成近くまで来ましたが、ライブド・ローイング終了の時間となりました。「本当はあと2時間かけたいなあ」と寺田さん。





寺田桑同样播放了他创作过程的延时视频。


You can see the fast-forwarded version of this drawing from above。


この1時間の早送り画をこちらでご覧になれます。


https://youtu.be/oZ2hvejv0-Q



又到了自拍时间。


Selfie time which we became familiar with during this tour.


おなじみ自りタイム。




我们还拍了一张大家都拿着《寺田克也原寸》图书的大合影。


Taking another photo with everyone holding their KATSUYA TERADA REAL SIZE in their hands.


みなさん『寺田克也原寸』を持って、集合写真。





粉丝们在签售环节排起了长队。


Fans queueing for the signing event.


そのサイン会に並ぶファンのみなさん。





很多粉丝是从《大猿王》开始了解寺田桑的。


Many got to know Terada-san from Dragon Girl and Monkey King。


大猿王で寺田さんを初めて知った方が多く。





有一些粉丝是由他们学美术时老师推荐的。


and many were recommended from their teachers and friends from their Art school.


友だちや美術学校の先生から教わった方も複数いらっしゃいました。





他们中有些人已经成为了3D、动画或游戏领域的专业人士。


There were also many professional 3D, anime and game creators.


やっぱりプロの3D、アニメ、ゲームのクリエイターさんも多かったです。





寺田桑两天内签售了200本书。感谢你寺田桑!


Terada-san signed about 200 books in this past two days。 Thank you so much Terada-san!


2日間で実に200名近くの方にサインをしていただきました。寺田さんお疲れ様でした!



感谢光的空间新华书店的员工们。非常感谢你们的支持。


Thank you Light Space Xinhua bookstore staff. We appreciate your wonderful work.


光的空間のみなさんもお疲れ様でした。きめ細かい対をしていただき感謝しています。



我们30号即将前往北京,去和祖父江先生见面。下次见!


We will be moving to Beijing on 30th and meeting Mr. Shin Sobue。 Can we? Til next time!


5/30は北京に移します。祖父江慎さんと北京で落ち合う予定ですが、果たして無事にお会いできるのでしょうか……お楽しみに!



※本次活动的片段已在微博放送,请注意查看哦。


Some footage of this tour will be uploaded on Weibo later on。


※今回のツアーイベントの様子はのちほど動画配信サイトでご覧いただくことができるようになります。イベント画をご覧になるにはこちらの詳細情をご覧ください。


记得收看5月31日18:00北京场活动的直播哦。

Please check below for details on 31th May ’s live streaming.






摄影、撰写:PIE三芳宽要

本文来自:




彩票购买走势 彩票app 网上彩票购买 彩票开奖查询 彩票开奖结果 网上彩票购买 彩票购买 彩票开奖查询 网上彩票购买 网上彩票购买